ネガティブ思考を取り入れる  BLOG

2013.06.14

ネガティブ思考を取り入れる

Pocket

 

 

皆さん、こんにちは。

4MIX COCKTAILです。

 

 

普段、自分自身が口にしてしまう「言葉」

 

この言葉の習慣を客観的に見たとき、

「発する言葉」の種類が、マイナス思考であることがあります。

 

実は、気付かないうちに今の状態が、負のスパイラルに陥っていることに気が付きます。

 

そんなとき、よく言われるのが「ネガティブ思考はよくない」という考え方です。

 

 

 

ネガティブ思考は、物事を「悪い方へ、悪い方へ」と悲観的に考えてしまうことです。

 

例えば、飲食店の店長なら

「主力のスタッフが辞めて、オペレーションが回らなかったらどうしよう・・・」

「売り上げが低迷したらどうしよう・・・」

 

このように、ネガティブに考えてしまうことです。

 

 

 

世間ではよく、ネガティブ思考はいけないような事が言われます。

 

 

しかし、物事をリスクマネジメントの観点から考えたとき、

ネガティブ思考は非常に重要だと考えます。

 

 

「上手くいかずに最悪な状況となった場合、どう対応していこう」

「この先、最悪こうなる可能性があるかもしれない」

 

これらは、物事をネガティブに捉えて、次の一手を考えるには必要なことです。

 

つまり、次に起こりうるリスクをネガティブに考えることによって、

 このリスクを回避するために、事前の対策を練るという上では、大切なわけです。

 

 

 

「リスクばかり考えていてはダメだ」

「リスクを恐れるな」

という意見もあるかと思いますが、

 

物事にネガティブ思考を取り入れることで、リスク対策を練った結果、

物事を「ノーリスク」に近づけることもできます。

 

 

 

 

いかがですか?

 

 

ネガティブ思考の持つイメージは「悪い方向」のように捉えがちではありますが、

リスクマネジメントでのネガティブ思考は、「良い方向」へ進むためにも必要な考え方だというのが、ご理解頂けたでしょうか?

 

 

時として人は、ネガティブ思考になり過ぎて、前に進まない状態になることはあります。

そのときは、ポジティブ思考に切り替える必要がありますね。

 

ポジティブ思考で前に進むとき、必ずしも物事が上手く進むわけではありません。

ただ、上手く進ませるためにも、ネガティブ思考で「上手くいかなかった場合」を想定して、リスクマネジメントをしていかなければいけないと考えます。

 

 

 

本日は、ネガティブ思考の考え方について書かせて頂きました。

それでは、また。

 

 

 

今後とも、4MIX COCKTAILをどうぞよろしくお願い致します。

Pocket

SPONSORED LINK

BIRDY.新カクテルシェーカー

2013年6月14日 15:15 カテゴリー: 日々の活動・業務

  SPONSORED LINK

アーカイブ