カフェやファミレスの全席禁煙について  BLOG

2013.11.02

カフェやファミレスの全席禁煙について

Pocket

皆さん、こんにちは。

4MIX COCKTAILです。

 

 

 

 

ここ数年、分煙や嫌煙の流れが世間で加速し、タバコを吸われる方には肩身が狭くなる程、

飲食店での禁煙を実施される店舗が増えてきました。

 

つい先日も、大手ファミリーレストランチェーンでは初めてとなるロイヤルホストが、全228店舗の全席禁煙を発表しました。

ただ、喫煙客離れを防ぐために、客席とは独立した形で喫煙ルームを設ける対策を

198店舗では実施するそうです。

 

 

こうした飲食店での分煙問題は、

タバコを吸わない方にとって嬉しい流れであると思います。

 

食事中に隣の席から、タバコの煙が流れてきて嫌な思いをする。

または、タバコ吸っている席から離れた席の移動をお願いされる場面を、私自身も飲食店で経験してきました。

 

 

 

【 飲食店側の判断 】

 

逆に飲食店側からすると、全席禁煙にするのか? それとも、一部禁煙席にするのか?

その判断が難しいケースがあります。

 

ある大型のカフェでは、禁煙席と喫煙席を設けている店舗もありますが、

それは、充分なスペースがあるから完全分煙できる話になります。

 

店内スペースの狭い小中型店舗になると、禁煙席と喫煙席を設けるのが難しくなります。

設けたとしても、タバコの煙が流れてくるようなケースがありますから。

 

 

 

飲食店の規模が、小・中型店舗の対策例

 

店内スペースの狭いそのような店舗の場合、

テラス席や店外の一角などに喫煙できるスぺースを作ったり、

または、ランチのみ禁煙、夜の時間帯だけ喫煙可能なんていう対策をしたりします。

 

その他、「展開する業態」「来店される客層」「食事をメインにしている」等によって、

対策を決める判断材料が分かれますから飲食店側もやみくもに決断することはできません。

 

 

 

BARの世界では

 

では、BARで禁煙席を設けているか?と言えば・・・

以外にも、全席禁煙BARを名乗っているバーは存在しています。

 

しかし、まだまだ全席禁煙というバーは少ないと思います。

分煙にするBARもありますが、やはり狭い店内のお店では微妙です。

 

海外のバーに目を向けると、海外では既に、BARでのタバコ禁止という条例があるくらい

全面禁煙という事情があります。

 

このような事情を含めると、

日本も将来的には条例ができるなんて事が起こるのでしょうか・・・

 

 

 

 

最後に

 

「バーテンダーは、味覚に影響するからタバコを吸わないこと」

そう教育をする世界でもあります。(各々のBARによりますが)

 

その点は、バーテンダー自身の管理能力の問題になってきますね。

仕事中は吸わないのか、仕事後に吸うのかの違いなどです。

 

ただプロフェッショナルな観点で言わせて頂くと、

営業終了後、BARカウンター内でタバコを吸っているバーテンダーは失格ですよ。

キッチン内で吸う料理人も同じです。

 

この意味がわかる人には、わかります。

 

 

 

 

いかがだったでしょうか?

喫煙者の方にとっては肩身の狭いお話でした・・・(失礼しました)

 

喫煙者といえば、星野リゾートグループさんのお話を皆さん知っていますか?

星野リゾートグループでは、「喫煙者を採用いたしておりません」という採用指針があります。

 

どういう考えのもと、このような採用指針を掲げているのか、

ご興味のある方はHPを覗いてみて下さいね♪

それでは、また。

 

 

 

 

今後とも、4MIX COCKTAILをどうぞよろしくお願い致します。

 
photo by: Josu Mendicute

 

 

Pocket

SPONSORED LINK

BIRDY.新カクテルシェーカー

2013年11月2日 13:33 カテゴリー: 日々の活動・業務

  SPONSORED LINK

アーカイブ