【 4MIX COCKTAIL 】 BLOG      

2013.11.04

飲食店が集客に悩んだら・・・ その改善方法とは?

 

皆さん、こんにちは。

4MIX COCKTAILです。

 

 

今回は、飲食店が持つ「特徴」や「強み」に関することについて書かせて頂きます。

 

「飲食店を開業したのはいいけど、今ひとつ集客に伸び悩んでいる・・・」

そのようなお悩みを抱えている経営者様や、運営責任者様向けの記事に

今回は比較的なっています。

 

 

 

 

 【どこにでもある飲食店になっていませんか?】

飲食店で働くスタッフが初来店のお客様に、

 

「このお店で、人気のある商品は何ですか?」

「このお店は、いつ出来たんですか?」

「このお店のお薦めは何ですか?」

 

このようなお店に関する質問をされることがあります。

 

 

では突然ですが、質問します。

 

自分のお店を「こういうお店です」と、お客様に説明できますか?

 

 

 

こう質問されて、応えられることができなかったら

お客様は、お店を利用する価値が見い出せないと思います。

 

また説明できないということは、

何ら特徴のない、強みもないことの裏返しとなります。

 

 

現在、飲食店の集客に伸び悩んでいるとお悩みでしたら

この質問をして、自店を客観的に見直してみて下さい。

 

どこにでもあるような飲食店でも、何かしら特徴があるはずです。

 

 

 

 

【目的来店を促す特徴や強みを作る】

 

他の店舗にはない「特徴」や「強み」がお客様を引き付ける要素となる場合があります。

 

  • コンセプト         (僧侶だけのバー、店内で魚を釣って食べれるお店・・・等)
  • ある商品にこだわっている  (熟成肉、産地野菜、シングルモルト、クラフトビール・・・等)
  • この店舗にしか経験できない価値 (夜景や名物の建物が見れる、自分で具材が選べる・・・等)
  • オーナーや店主の想い、会社の理念(地域で愛されるお店、おもてなしで感動を提供する・・・等)

 

 

 

いかがでしょうか?

 

もちろん立地や物件条件によって、特徴や強みを作るだけでは不十分な部分があります。

しかし、特徴や強みがあることで飲食店が持つ意味を、お客様が初めて知る事ができます。

 

ですから、特徴や強みを作ることが出来ましたら次は、

お客様に伝える役割を担うスタッフへ、しっかりと落とし込む教育もお忘れなく。

 

 

 

その立地条件で、「どのような勝ち方をするのか?」

自店を見直すことの1つとして、 集客の改善をするきっかけにして頂けると幸いです。

 

 

それでは、また。

 

 

考え方に迷ったら! 飲食経営のヒントに欲しい1冊

500店舗を繁盛店にした
プロが教える
3か月で「儲かる飲食店」に
変える本です!

赤字店舗を年商20億円に!
飲食店経営の成功メソッド
赤字に悩んでいる方
集客に困っている方必須!

飲食の現場で改善してきた方法を
手に取って読んでほしい1冊!

 

「成果をあげる人の共通点は、行わなければいけない事を、しっかり行っているというだけである。」

「強みの上に築け!」

 

自分の中に無かった考えや、
自分の方向性を失いかけた時に是非♪

今後とも、4MIX COCKTAILをどうぞよろしくお願い致します。

2013年11月4日 16:35 カテゴリー: 経営

2013.11.03

イベント集客を考える前に・・・ バー経営の穴

 

皆さん、こんにちは。

4MIX COCKTAILです。

 

 

バーを含め飲食店を開業させたオープン時期から、早々と集客に悩むケースがあります。

集客方法の手段としては、新店舗のオープン前から広告費を使い、

媒体でお店の存在をアピールする方法もありますが、できれば予算が少ないうちは避けたいところです。

 

では、どうすれば良いのか?と考えたとき、「店舗イベント」で集客を行おうとしますが、

そこに落とし穴があります。

 

今回は、その点について書かせて頂こうと思います。

 

 

 

 

  【集客の悩みから生まれるもの】

開店早々、集客に悩み、売上が計算できないと、スタッフのモチベーションに影響が出てきます。

スタッフの中には「このお店暇だな・・・」と思いながら仕事をしている現場もあります。

 

 

わくわくする気持ちを持って新店舗のオープンを迎えたのに、

そのモチベーションは2、3か月で低下し、負のスパイラルを呼び込む原因のひとつになるでしょう。

そうなると、お店の雰囲気も何故か悪い空気に包まれます。

 

 

そこで現状打破をする為にお店がとる対策として、お客様を集客するためのイベントを考えます。

 

その時色々な対策が考えられますが、その練ったイベント対策を見ると大体が、

「実行する対策の案」は、他のお店がとる対策と変わらない内容である事が多々あります。

 

しかし問題は、他店がとる対策内容と同じだから「やめる!」という訳ではありません。

何もやらないよりは、何かやった方が解決の糸口が見つかるかもしれませんので・・・

 

ただ、イベントを実施する前に考えておきたい事があるという事です。

 

 

 

 

 【飲食店経営のイベント集客に対する穴】

 

何らかの企画を立て、イベント集客を実施していきます。

 

ただ、イベント集客を考える前に

 

 

・来店顧客に合った内容か?

・1度来店してみようと思うお客様の視点に立った案か?

・その場だけの、今後に繋がらないイベントではないか?

・どうやって告知して集客するか?

・従業員や商品提供などのオペレーションは充分か?  ・・・等。

 

 

 

このような視点で、

お客様の来店前、来店中、来店後までトータルに考えておく必要があります。

 

 

ただ単にイベント集客を考えるより、考え方の穴埋めをして戦略的に取り組みましょう。

 

 

また、冒頭でお話した媒体による集客方法やイベントで、

新店舗をアピールし集客できたとしても、返って悪い評判を持ち帰ってしまう危険性もあります。

(その理由は今回、割愛します。)

 

そのような点があるという事も、忘れてはいけない重要な考え方のひとつです。

 

 

答えは、「QSCV」の中にあります。

 

 

 

それでは、また。

 

 

今後とも、4MIX COCKTAILをどうぞよろしくお願い致します。

2013年11月3日 16:00 カテゴリー: 経営

  SPONSORED LINK

アーカイブ