【 4MIX COCKTAIL 】 BLOG      

2014.11.19

フルーツの展示会「ワールドフルーツEXPO」

 

皆さん、こんにちは。

4MIX COCKTAILです。

 

 

本日の記事は、「フルーツの展示会」に関するレポートです。

先日、2014年11月12日(水)~14日(金)まで開催されていましたフルーツの専門展示会

「ワールドフルーツEXPO」に足を運んで参りました。

 

開催場所は「東京ビックサイト」

 

目的としては、カクテルに使用する材料として新しいフルーツの発見を探しに行ってきたのですが、第1回目の開催だからでしょうか・・・

フルーツを取り扱っているブースというのはごく少数で期待外れという印象ではあります。

 

 

しかし、

 

そんな中、とても興味深いフルーツを1つ発見しました。

 

 

こちらのブースです。

apple

 

 

 

たくさんのりんご品種が並べらえている中で、

思わず注目してしまったのが、下記のりんごです。

 

 

apple2

 

 

 

 

 

よーくご覧になってください。

わかりますか?

 

 

 

 

apple3

 

 

 

桃のようにも見えるこのフルーツは・・・

りんごです。

 

「紅の夢(くれないのゆめ)」という名のりんごだそうです。

 

 

よく見てみると、果肉が赤いのがわかりますか?

通常のりんごは果肉が白い感じですが、このりんごは中身の果肉が赤み掛かっています。

 

 

 

また、下記の写真をご覧なってください。

 

「紅の夢」の特徴として、

一般的に知られているりんごは、外側の果皮が赤い色をしていますが、

このりんごの果皮は白く、通常のりんごとは逆転しています。

 

 

apple4

 

 

紅の夢の特徴は果肉が赤いという点です

まさに逆転りんごなのです。

 

これまで、赤肉品種のりんごは

「渋くて生では食べられない」という問題があったそうで、

この問題を弘前大学さんの研究によって克服されたようです。

 

 

 

 

そういう訳で、

この紅の夢を絞った果汁100%の製品を試飲させて頂きました。

 

apple6

 

味わいは、酸味がほどよくあり

甘くはないのですがピーチネクターを感じるような印象でした。

 

ブースを担当されている方にお話をお伺いしたとき、

何かで割ると飲みやすくなるとおっしゃっていましたが、

色も淡いピンクなので、カクテルに充分応用できそうです。

 

 

 

 

 

今回は、「ワールドフルーツEXPO」で見つけた紅の夢というりんごについてご紹介いたしましたが、

いかがだったでしょうか?

 

もっとたくさんのフルーツに出会えると思い、足を運んでみましたが

このりんごに出会っただけでも大きな収穫でした。

 

それでは、また。

 

今後とも、4MIX COCKTAILをどうぞ、よろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

2014年11月19日 15:15 カテゴリー: 日々の活動・業務

2014.03.10

グリーンエナジードリンクとは? GO&FUN

 

 

皆さん、こんにちは。

4MIX COCKTAILです。

 

 

FOODEX JAPAN (フーデックス・ジャパン)2014で、

気になった製品、面白そうな商品などをご紹介致します。(あくまでも個人的にです)

 

 

 

■ グリーンエナジードリンク GO&FUN

 

グリーンエナジードリンク GO&FUN

 

 

ブランドのイメージカラーと言っていいでしょう。

 

グリーン色がインパクトを残す「GO&FUN(ゴー&ファン)」という商品をご紹介します。

 

これから日本展開される新商品ですが、缶のデザインが個性的ですから、

ついつい「注目」してしまいますね。

 

2014年のアンバサダーに、サッカー日本代表選手の柿谷曜一郎さんを起用されています。

 

 

 

 

グリーンエナジードリンクとは?

日本ではここ最近、エナジードリンクと言われる商品の種類が増えてきました。

 

そんな市場の中に参入してくる、この「GO&FUN

イタリア発生のドリンクですが、世界では30ヵ国以上の市場で取引があるそうです。

 

さて、グリーンエナジードリンクと謳っているこの新商品ですが、

初めて耳にする方にとって、「グリーンエナジードリンクって何?」と思う方もいるのではないでしょうか。

 

 

グリーンエナジードリンクとは簡単にご説明しますと、

5種類のナチュラルな成分から作られている微炭酸飲料です。

 

  1. ガラナ
  2. マテ茶
  3. 緑茶
  4. 高麗人参
  5. ロディオラ

 

上記の天然素材から抽出したエキスを、それぞれ配合して作られているそうです。

 

 

 

グリーンエナジードリンクGO&FUN2

 

 

 

他のエナジードリンクとの違いは?

では、他の数あるエナジードリンクと何が違うのか?という部分では、

お話を伺ってみたところ、

他のエナジードリンクはカフェインを感じるが、オールナチュラルをテーマにしているこの「GO&FUN」は、カフェインを感じない点が違いだそうです。

 

日本では、エナジードリンクで知られているのはRed Bull (レッドブル)が挙げられますが、

このグリーンエナジードリンク「GO&FUN」は日本市場に認知されるでしょうか。

 

今後、注目してみたいと思います。

 

 

 

 

その味わいは?

気になる味わいの方ですが、

個人的には、エナジードリンクって味覚が口の中で主張する印象でしたが、

口に含むと、「すっきりとした味わい」というのが第一印象でした。

 

 

 

 

最後に余談ですが、

 

ここのブースでドリンクを配っていた外国人の女性・・・全員、綺麗でした。

 

一応、報告です(笑)

 

 

 

 

 

  • 次のページに続く >>
  • 1
  • 2
  • 3

 

 

2014年3月10日 15:00 カテゴリー: 日々の活動・業務

2014.03.09

お茶の三幸園 しそ茶

 

皆さん、こんにちは。

4MIX COCKTAILです。

 

 

FOODEX JAPAN (フーデックス・ジャパン)2014で、

気になった製品、面白そうな商品などをご紹介致します。(あくまでも個人的にです)

 

 

 

 

■ お茶の三幸園 しそ茶

 

しそ茶

 

 

 こだわりは?

このしそ茶のこだわりは、

何と言っても、地元である島根県で収穫した赤紫蘇100%で作っている点です。

 

ここ数年の間では、海外でも「日本茶」は浸透されていますから

この「しそ茶」も世界に羽ばたくと良いですね。

 

海外では、グリーンティーと言っていいのでしょうか?

健康志向を意識している方に飲まれているという事ですが、

日本茶に砂糖(シロップ)を入れて飲むのは・・・

海外的な飲み方の発想に驚きます。

 

 

 

 

しそ茶2

 

しそ茶の商品について

こちらの商品は、お湯にティーバッグ(写真の左)をいれて飲むタイプとなっています。

 

ティーバッグの中に、上記の写真右に写っている乾燥させた赤紫蘇を詰めてあります。

 

赤紫蘇を収穫できる時期はだいたい6月くらいからだそうですが、

収穫時期は短いというお話でした。

 

 

 

 特徴や効能は?

特徴や効能といったものは、

ノンカフェインということで妊婦さんも安心して飲めると思います。

 

また、個人差があると思いますが、紫蘇が持っている鉄分がアレルギーを抑える働きがあるそうで、花粉アレルギーの方に効果を望めるようです。

(もう一度言いますが、個人差はありますよ・・・)

 

 

 

 

 

カクテルとして使うなら?

さて、カクテルとして使用するならば、近年カクテルは進化していますから

料理に合わせたカクテルや、怒られてしまいそうですが乾燥した赤紫蘇を使って、

自家製の〇〇的なものを造って、オリジナル性を高めたいですね♪

 

 

 

 

それでは、次は「グリーンエナジードリンク  GO&FUN」をご紹介します。

 

 

 

  • 次のページに続く >>
  • 1
  • 2
  • 3

 

 

2014年3月9日 15:00 カテゴリー: 日々の活動・業務

2014.03.08

foodex japan 2014  レポートブログ

 

 

皆さん、こんにちは。

4MIX COCKTAILです。

 

本日は、先日行われた『国際食品・飲料展』の専門展示会

「FOODEX JAPAN (フーデックス・ジャパン)2014」でのイベントレポートをお届けいたします。

 

 

FOODEX JAPAN 2014

 

 

FOODEX JAPAN (フーデックス・ジャパン)の会場

 

さて、このフーデックス・ジャパンの会場は幕張メッセになります。

行き方としては東京駅からJR京葉線に乗って、目的地の海浜幕張駅で降ります。

(他のアクセス方法もありますよ♪)

 

 

また、海浜幕張駅を降りてから会場まで距離があるので、結構歩きます。

FOODEX JAPANのホームページを拝見すると海浜幕張駅から徒歩5分と書いてありますが・・・  実際はもっと掛かるような・・・です。

 

会場に到着したら、まずは招待券と名刺2枚を持って登録所へ

招待券が無い方は当日券として有料ですが、5000円を支払って入場できます。

 

 

 

 まずは、気になる製品をチェック!

展示会の入場口に向かう途中、通路ではショーケースがずらっと並んでいます。

このショーケースの中には、今回出展されているブースの製品が紹介されているのですが、

私の場合、初めにすることは、気になる製品をチェックしてから会場のブースを回ります。

 

 

「ワインだったらワインのブース」、「焼酎だったら焼酎のブース」と、

初めから目的が決まっている方でしたら、その必要がないかもしれませんね。

 

 

ただ、初めてフーデックスに行く方でしたら貴重な情報源となりますし、

面白い製品に出会いたいという方でしたら、ショーケースのチェックは欠かせません。

 

 

fhoto3

GO&FUN

fhoto3fhoto2

 

 

今回もチェックをしていると、気になる製品が5~6種類ありました。

 

やはりカクテルに使える材料探しとしてドリンクに目がいきます(笑)

 

 

 

では早速、会場の中へ!

会場に入る前に入場口で荷物検査を済ませてから、展示会場に入ります。

 

エリアは「国内出展ゾーン」「海外出展ゾーン」に分かれていますが、

例年通り、私は「国内出展ゾーン」から見て回ります。

 

 

会場の片隅から回ると最初は、

輸入食品のブースが集まっているエリアから見ることになるのですが、

 

美味しそうな食品を見ていると、突然・・・

 

 

大きな声で!

 

 

「元気ですか~!!!」

 

 

 

と、聞き覚えのある声が・・・

 

 

 

 

そう、

 

 

燃える闘魂

アントニオ猪木さんがステージに立っていました。

 

アントニオ猪木

 

どうやら、FOODEX美食女子グランプリ発表会にゲストで呼ばれたみたいです。

 

美食女子グランプリ発表会

 

 

グランプリ受賞商品の一部をご紹介します。

(ちなみに、グランプリは5つ製品あるそうです)

 

美食女子グランプリ製品1

 

 

美食女子グランプリ製品2

 

では、次のページからは製品のご紹介をさせて頂きます。

 

 

 

  • 次のページに続く >>
  • 1
  • 2
  • 3

 

 

 

お知らせ

東京都内のイベントパーティーにバーケータリング

オフィス・事務所移転のお祝いパーティーに出張BARやってます!

 

 

カクテル始めるならバー用品を揃えよう!

厳選!初心者向けからプロ向けのバー用品

 

 

おすすめ記事セレクション

行動しなければ失敗も成功もない

ネガティブ思考を取り入れる

FOODEX JAPAN   フーデックスレポート

飲食店で集客するために育てるものとは?
 

 

2014年3月8日 15:00 カテゴリー: 日々の活動・業務

2013.11.20

注目のあつい炭酸 ホットジンジャエールを試飲

皆さん、こんにちは。

4MIX COCKTAILです。

 

 

「あっつ~い炭酸♪」のCM曲でおなじみ♪

カナダドライのホット炭酸を最近、飲んでみました。

 

 

 

 

個人的に、発売前から注目していた商品でしたが、皆さんは飲まれましたか?

 

夏のイメージが強い「炭酸」が、冬の季節にも定着するのか?

この視点と共に、ホットカクテルの世界が広がっていくのか?

期待が膨らむばかりですね♪

 

ホット炭酸飲料の市場は、まだ未開拓ですから今後の動向が気になるところです。

 

 

さて、気になるその味わいの感想ですが・・・

ひと口目を飲んだ瞬間、「しっかりとジンジャー(生姜)のスパイシーさがある」と感じました。

 

味わう前の予想では、比較的甘めタイプなのかと思いましたが、

実際は予想を遥かに超えていました。

 

甘みは少しあり、後味にしっかりとしたジンジャー(生姜)を感じ、

ホット炭酸飲料として、充分に温かい役割を果たしています。

 

ちなみに、このホットジンジャエールには、アップルやシナモンといったフレーバーが加えてあるそうです。

お酒に合わせるなら、アマレットやサザンカンフォートと相性が良さそうですね。

(想像ですが・・・)

 

 

かなり気が早いですが、将来的にはペットボトル化されることも期待して

この分野の動向を見守っていきたいと思います。

 

それでは、また。

 

 

 

 

今後とも、4MIX COCKTAILをどうぞよろしくお願い致します。

 

2013年11月20日 15:15 カテゴリー: 日々の活動・業務

  SPONSORED LINK

アーカイブ