【 4MIX COCKTAIL 】 BLOG

2013.08.24

カクテル 「味わいに影響されるもの」 続き

皆さん、こんにちは。

4MIX COCKTAILです。

 

 

本日は前回の続きをお話し致します。
カクテル本では教えない 「味わいに影響されるもの」

前回、美味しいカクテルを作る要素として

「使用するお酒の銘柄」「技量」などを挙げました。

 

しかし、この要素を満たしていても

お客様にとってカクテルを不味く感じさせる要素があるとお話しました。

 

 

「では、その要素とはいったい何でしょうか?」という質問の答えが、

みなさん、わかりましたでしょうか?

 

 

この要素によって、カクテルの味わいに影響されるもの・・・

 

 

それは、

 

 

お客様がその時に抱いている「気持ち」です。

 

 

 

 

この要素は非常に大切です。

 

「な~んだそんなことか!」なんて思われるかもしれませんが、

この事に気付いていないBARや飲食店ってありますよ。

(もちろん受け止め方はそれぞれですが)

 

 

 

この「気持ち」についてもう少し深く掘ってみると、

お客様の目に映ったものが、味わいを左右します。

 

カクテルを作る人の「立ち振る舞い」が雑であったり

また、

そのお客様を担当したスタッフの接客対応の印象が悪いと

 

 

いくら腕のいいバーテンダーが美味しいカクテルを作ったとしても

そういった光景を見たとき、お客様の「気持ち」が

カクテルの味わいを半減させてしまう可能性があります。

 

 

 

お客様の意心地の良い「気持ち」を演出するのは何も、

お店の空間だけではありませんよね。

 

美味しさを構成する要素として、何点か挙げましたが

サービスマンのアプローチによる要素も、美味しいカクテルを頂いてもらうには

大切だということを、ご理解頂けましたでしょうか?

 

 

 

 

ちょっとの差なのですが、それを気付かないで、

お客様に「それなりのお店」で終わってしまっている飲食店って、

もったいないと感じています。

 

今回はカクテルを例に出してみましたが、

それなりのお店と感じてしまう理由として

お客様が思う「せっかく」という部分で共通している場合があります。

 

 

「せっかく美味しい料理を出すのに」

「せっかく景色がいいのに」

「せっかくお店がおしゃれなのに」

「せっかくいい評判を聞いて来たのに」

 

 

 

お客様の「気持ち」が味わいに影響する。

科学的根拠があるかどうかは、正直わかりませんが、

経験が根拠を生んでいるのは間違いないです♪

 

 

本日は、カクテル「味わいに影響されるもの」についてお話させて頂きました。

それでは、また。

 

 

 

 

今後とも、4MIX COCKTAILをどうぞよろしくお願い致します。

 

2013年8月24日 16:20 カテゴリー: BAR講座

2013.08.19

カクテル本では教えない 「味わいに影響されるもの」

皆さん、こんにちは。

4MIX COCKTAILです。

 

 

 

BAR業界の中では、美味しいカクテルを提供するお店はたくさん存在しています。

 

やはり、プロと素人の差が出る部分というのは、「究極に美味しいカクテル」に近づけるためのポイントを知っているか、知らないかによる部分があります。

 

 

 

カクテル関連の本には、そういったポイントの部分がなかなか載っていないのが現状です。

これは、本を読んで頂く対象が「カクテル初級者」をターゲットに置いている関係もあるのでしょうか・・・

 

そうは言っても、ネットで検索して頂くと

「プロの領域」に達したポイントの部分となる情報を探すことが出来ます。

 

 

しかし、ポイントを抑えて、実際にお店で提供しているカクテルでも

「美味しいカクテル」のはずなのに、お客様にとって味わいが不味いと感じるカクテルがあります。

 

 

それは何が原因なのでしょうか?

 

 

 

カクテルを美味しくさせる要素

まず、カクテルの美味しさを決める要素は、何で構成されているのでしょうか?

 

「使用するお酒の銘柄」

「使用する材料」

「使用するグラス」

「技量」

 

などが挙げられます。

 

 

 

しかし、これだけでは不十分です。

 

こういった要素を満たしていても

味は悪くないのに、お客様にとってカクテルを不味く感じさせる要素があるのです。

 

 

 

では、その要素とはいったい何でしょうか?

 

 

 

 

その答えは次回、お話しようと思います。

飲食業界での経験が長い方でしたら、すぐに答えが浮かんでしまいそうですが、

少し考えてみて下さいね♪

 

それでは、また。

 

 

 

 

今後とも、4MIX COCKTAILをどうぞ、よろしくお願い致します。

 

 

 

 

2013年8月19日 14:26 カテゴリー: BAR講座

2013.08.18

【人気】 ジュース感覚の飲みやすいカクテル

皆さん、こんにちは。

4MIX COCKTAILです。

 

 

あまりお酒に強くないけど、カクテルを飲んでみたいと思っている方にとって

「カクテルの種類がいっぱいありすぎて何が良いのか、わからない・・・」

「どんな味かもわからない・・・」

 

好奇心はあるけど、注文するカクテルが強かったり、

ハズレだったらどうしようなんて思う方もいるのではないでしょうか?

 

 

そこで本日は、アルコールが苦手な方でもジュースっぽい感覚で

比較的、飲みやすいカクテルをご紹介致します。

 

 

 

 

 

【甘めのカクテルを好む方向け】

 

 

・カルーアミルク    (コーヒーリキュール+ミルク)

・マリブミルク     (ココナッツリキュール+ミルク)

・ピニャコラーダ    (ラム+ココナッツミルク+パイナップルジュース)

・スノーボール     (卵リキュール+ライムジュース+ジンジャエール)

・ボッチボール     (アマレットリキュール+オレンジジュース+ソーダ)

・レゲエパンチ     (ピーチリキュール+ウーロン茶)

・ファジーネーブル   (ピーチリキュール+オレンジジュース)

・ディタグレープフルーツ (ライチリキュール+グレープフルーツジュース)

 

 

 

【さっぱりしたカクテルを好む方向け】

 

・シーブリーズ     (ウォッカ+クランベリージュース+グレープフルーツジュース)

・スプリッツァー    (白ワイン+ソーダ)

・ソルクバーノ     (ラム+グレープフルーツジュース+トニックウォーター)

・シャンディガフ    (ビール+ジンジャエール)

・ブルドックハイボール (ジン+オレンジジュース+ジンジャエール)

 

 

 

 

【少し苦みを感じたカクテルを好む方向け】

 

・スプモーニ      (カンパリリキュール+グレープフルーツジュース+トニックウォーター)

・ブラックローズ    (ゴールドラム+アイスコーヒー)

 

 

 

 

※上記のカクテルは、お店によってレシピに使用するお酒の銘柄や

その他の材料が異なる場合がありますので、多少、味わいが違ってきます。

 

 

 

 

 

いかがでしょうか?

「これなら飲んでみたい」というカクテルはありましたか?

 

 

比較的アルコール度数も低く、飲みやすいカクテルをご紹介させて頂きました。

 

あまりカクテルに詳しくない方にとって、

カクテル名やレシピの内容による文字だけの情報では、味わいの想像が難しいかもしれませんが、実際にBARや飲食店でカクテルを飲まれる際は、参考にして頂くと幸いです。

 

 

それでは、また。

 

 

 

 

 

 

今後とも、4MIX COCKTAILをどうぞよろしくお願い致します。

 
photo by: k*8

 

2013年8月18日 16:00 カテゴリー: カクテル

2013.08.11

スタンダードカクテルとは?

皆さん、こんにちは。

4MIX COCKTAILです。

 

 

世の中にあるカクテルのレシピ数は、

それこそ何万種類以上ものカクテルが存在していると言われています。

 

私が知っている分厚いカクテルレシピの専門書を見ても、「同じ名前のカクテル」にもかかわらず、 中身のレシピが全然違うカクテルが数種類、存在しているのもあります。

 

 

また、カクテルブックに載っているレシピ以外にも、全世界のバーテンダーが考案する

オリジナルカクテルを含めると、正確に数えることのできない無限のカクテルが存在しています。

 

 

ただ、その中でも「スタンダードカクテル」と呼ばれるものがあります。

 

 

「カクテルを作り始めるなら、スタンダードカクテルから始めた方がいい」

なんてことをアドバイスされた方もいるかと思います。

 

しかし、カクテルを始めたばかりの初心者の方からすると、

「スタンダードカクテルって何?」となるのではないでしょうか?

 

 

では本日は、その「スタンダードカクテルとは?」についてお話しようと思います。

 

 

By: Lindsey Turner

 

 

 

何をスタンダードカクテルと言うのか?

「スタンダートカクテルとは?」と質問されると、その正確な答えに困ってしまう程、

定義が決まっていないように思います。

 

 

普通に捉えれば、「標準なカクテル」「定番なカクテル」という認識があると思いますが、

「何でそのカクテルが、スタンダードカクテルとされているのか?」

この疑問に対して説明することはできるのでしょうか?

 

 

 

バーテンダーのバイブル「新バーテンダーズマニュアル」や

その他、私が持っている8冊程のカクテル関連の本を調べてみましたが、

タイトルやページの項目に「スタンダードカクテル」と載っていても

「スタンダードカクテルとは?」については触れられていません。

 

 

また、ネットで調べてみてもわかると思うのですが、

このことについて詳しく記述されている情報は多くありません。

 

ですから、スタンダードカクテルの定義はあってないようなものです。

私自身、あいまいな部分だと思っています。

 

 

 

 

◇ では、何が正解なのか?

 

「一般的に知られているカクテル」

「BARでは定番となっているカクテル」

「注文されることの多い人気のカクテル」

「カクテルの中でも代表的なカクテル」

 

 

 

どれも正解だと思います。

そういった部分では、難しく考える必要もないのかなと思います。

 

 

ただ、カクテルを習いたての初心者の方には

気になり始めたら、迷子になってしまう疑問かもしれませんね。

 

また、

「誰がスタンダードカクテルとしたのか?」

「いつからスタンダードカクテルになったのか?」

 

 

「スタンダードカクテル」について深く追求しようと思えば、

実に、「謎で、わからないだらけ」ではないでしょうか?

 

 

 

 

◇ スタンダードカクテルに言えること

 

ただ、はっきりとしているのは

スタンダードカクテルは初めから「スタンダードカクテル」ではないということです。

 

 

 

つまり、どういう事かと申しますと・・・

 

 

バーテンダーがオリジナルで考案して生まれるのが「カクテル」ですから、

流れとしては、オリジナルカクテルから世間に認知され、スタンダードカクテルへと変わっていくことは間違いないです。

 

 

また、スタンダードカクテルは

 

「映画の中で登場してきたカクテル」

「語り継がれるエピソードを持ったカクテル」

「有名な著名人が好んでいたカクテル」

「時代ごとに流行ってきたカクテル」などが、歴史の中で登場し

 

現在の、スタンダードカクテルとして認知されていると考えています。

 

 

ですから、みんなが好み始めたカクテルや今流行っているカクテルがあるとするならば、

いずれこの先の時代に「スタンダードカクテル」としての仲間入りを果たすのではないでしょうか。

 

 

 

 

本日は、「スタンダードカクテルとは?」についてブログで書いてみましたが、

定義って言うと、どうしても屁理屈っぽく、難しく聞こえてしまうのですが・・・(私は)

 

全然、気にも掛けなかった「スタンダードカクテルとは?」について改めて考えてみると

やはり、「言われてみれば何だろう?」と気付かされるものがありましたので、

記事にしてみました。

 

 

それでは、また。

 

 

 

 

 

今後とも、4MIX COCKTAILをどうぞよろしくお願い致します。

 
phoyo by: Lindsey Turner

 

2013年8月11日 16:31 カテゴリー: BAR講座

2013.08.10

コーラ好きにお薦めするカクテル5選

 

 

皆さん、こんにちは。

4MIX COCKTAILです。

 

 

今年の夏は、暑い日が続いたり、突然の豪雨が降ったりと

忙しい天候になっていますね。

 

さて、夏のカクテルと言えば

「モヒート」「カイピリーニャ」「フローズンダイキリ」などが思い浮かびます。

これらのカクテルは夏らしい「この季節を代表するカクテル」です。

 

 

猛暑日にはこういったカクテルもいいですが、

本日は、世界で愛されている「コカ・コーラ」にピックアップして

カクテルをご紹介しようと思います。

 

 

 

 

コカ・コーラを使ったカクテル

約130年前にアメリカで発明され、

今では全世界まで広がり飲まれている「コカコーラ」

そんなコカコーラを使ったカクテルの中でも厳選して

皆さんが気軽に楽しめるコカコーラの人気カクテルをご紹介します。

 

 

【キューバ・リブレ】

独立戦争の合言葉として使われた「Viva Cuba Libre(キューバの自由万歳)」に

ちなんで作られたカクテル♪

 

◇ 材料レシピ

  •  ラム      45ml
  •  ライムカット   1/2 ~1/8 カット
  •  コカ・コーラ  適量

 

◇ カクテルのタイプ

ロングカクテル

 

 

本来、使用するラムはホワイトラムですが、

これを熟成させたダークラムに変えて作ることで少しクセのある独特な味わいになります。

お好みでお楽しみください♪

 

 

 

 

【カリモーチョ】

元は、メキシコで生まれた古いカクテルという説がある。

日本コカ・コーラが仕掛けたプロモーションで、その名が広がり飲むきっかけとなった方もいるのではないでしょうか。

 

◇ 材料レシピ

  •  赤ワイン 適量
  •  コカ・コーラ  適量
  •  レモンスライス 1枚

 

※決まったレシピはないが、材料を1:1で割ることを基準に

お好みで調整して飲まれるのが良いでしょう。

 

 

◇ カクテルのタイプ

ロングカクテル

 

カリモーチョはスペインのバスク地方で広く愛飲されています。

作り方も簡単で女子ウケも良く、家飲みできるカクテルとして最適です!

もっと詳しく知りたい方は下記の記事で解説しています。

「カリモーチョ -カクテルレシピのノウハウ-」

 

 

 

【マリブ・コーラ】

カリブ海生まれのココナッツ風味であるラム「マリブ」と、

爽快感を感じるコーラとの組み合わせ。

 

◇ 材料レシピ

  •  マリブ    30ml
  •  コカ・コーラ  適量
  •  レモン or ライム 1/8カット

 

 

◇ カクテルのタイプ

ロングカクテル

 

甘くて爽快な夏向きのカクテルです♪

 

 

 

【ディーゼル】

デニムで有名な人気ブランドの名ではありませんよ・・・

ドイツでポピュラーなビアカクテル「Diesel(ディーゼル)」

 

◇ 材料レシピ

  •  コカ・コーラ    適量
  •  ビール(スタウトビール) 適量

 

※グラスに入る容量に応じて、材料を1:1で割ることを基準に

お好みで調整して飲まれるのが良いでしょう。

 

 

◇ カクテルのタイプ

ロングカクテル

 

簡単に作れるレシピですが、スタウトビールを使用するからでしょうか?

以外に知られていないカクテルですが、好きなビールで割るのが一番!

コーラ好きな方は、是非お試しあれ♪

 

 

 

 

【コーラ・モヒート (ノンアルコールカクテル)】

お酒が苦手な方でもお楽しみ頂けるノンアルコールカクテルとして、

コーラバージョンのモヒートをご紹介致しますね♪

 

◇ 材料レシピ

  •  ミントの葉     お好みの量で
  •  ライムジュース   1/2個分
  •  ガムシロップ    1tsp
  •  コカ・コーラ    適量
  •  クラッシュアイス

 

 

◇ カクテルのタイプ

ロングカクテル

 

コーラでノンアルコールのモヒートをご紹介してみました。

使用するミントの種類は、ペパーミントでもスペアミントでも構いません。

両方の種類を合わせて楽しむのもいいですよ♪

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

 

この「コカ・コーラ」、

以前に、「カンブリア宮殿」という番組で取り上げられていました。

 

普段、コーラはBARでもよく使われる材料ですが、「コカコーラの会社」については

お恥ずかしながら、あまり詳しくはありませんでした。

 

しかし、この番組を視聴してみて、超巨大グローバル企業「ザ・コカ・コーラ カンパニー」についての理念、歴史、戦略に触れられたことは非常に勉強させてもらいました。

 

 

本日は、「コカ・コーラ」を使ったカクテルをご紹介させて頂きました。

それでは、また。

 

 

 

 

今後とも、4MIX COCKTAILをどうぞ、よろしくお願い致します。

 
photo by: stephen boisvert
4MIX COCKTAILが厳選! おすすめの本

 

手軽に始めたい方向け!
最低限のお酒があれば、
カクテルを作れるレシピ本♪

 

ミクソロジーカクテル!
カクテル作りの技術向上、
カクテルの幅を広げる1冊。

カクテルの本をお探しであれば、
こちらの本がオススメです♪

 

BARの現場で役立つ書籍、
カクテル初心者関連の本でしたら、
この1冊を読む価値ありです♪

 

 

 

2013年8月10日 16:00 カテゴリー: カクテル

  SPONSORED LINK

アーカイブ