【 4MIX COCKTAIL 】 BLOG

2015.05.11

テキーラ・サンストローク カクテルレシピのノウハウ

 

 

皆さん、こんにちは。

4MIX COCKTAILです。

 

 

今回は「テキーラ・サンストローク」のカクテルレシピをご紹介します。

 

 

このテキーラサンストロークの主なレシピは

テキーラをグレープフルーツジュースで割るカクテルですが、

風味や甘味を補うといった意味でコアントローを隠し味として入れています。

 

たった3つの材料で簡単に作れるため、カクテル作りの練習にも最適です。

テキーラサンストロークの味わいはさっぱりとしたカクテルとなります。

 

 

 

 

テキーラベースのテキーラ・サンストローク

 

このカクテルは、テキーラベースとなっています。

 

テキーラサンストロークは、「テキーラサンライズ」や「テキーラサンセット」といった

「テキーラ〇〇〇」と名前が付いたカクテルの兄弟関係ともいうべき存在です。

 

 

各カクテルのレシピを見てみますと使用されるジュースはそれぞれ、

テキーラサンセットがレモンジュースに対し、

テキーラサンライズはオレンジジュース、

そして、このテキーラサンストロークはグレープフルーツジュースとなります。

 

 

 

テキーラ・サンストロークのカクテル名の由来とは?

 

サンストローク(Sunstroke)は「日射病 (熱中症)」という意味ですが、

テキーラサンストロークは、昼の日差しをイメージしたカクテルといわれています。

 

「テキーラ〇〇〇」シリーズを下記の意味から見て頂くと、

このカクテルの意味がわかります。

 

 

テキーラサンライズ = 日の出 (朝)

テキーラサンストローク = 日差し (昼)

テキーラサンセット = 日没 (夕方~夜)

 

 

 

テキーラ・サンストローク の作り方について

 

作り方は非常に簡単ですがカクテルの特徴として、

コアントローを隠し味として入れることでカクテル全体の味わいのバランスを取っています。

 

 

【用意するもの】

  • テキーラ (ホワイト)
  • ホワイトキュラソー (銘柄はコアントロー)
  • グレープフルーツジュース
  • オールドファッションドグラス  (またはロックグラス)
  • バースプーン (無ければマドラーで代用)
  • メジャーカップ (無くてもOK)

 

 

 

【作り方のレシピ】

材料を、グラスに直接入れて作ります。(ビルドという作り方)

 

 

  1. オールドファッションドグラスに氷を入れます。
  2. 次にテキーラを30ml入れます。
  3. グレープフルーツジュースを60ml注ぎます。
  4. ホワイトキュラソー(コアントロー)を1tsp入れます。
  5. バースプーンで材料が混ざるようにステアして出来上がり。

 

 

※1tsp (ワン・ティースプーン)=約5ml

※グラスのサイズによって分量は調整してください。

※デコレーション(飾り)にレモンスライスとミントチェリーをお好みで飾ります。

 

 

 

 

さらに美味しく楽しむ方法!

 

1. テキーラは予め冷蔵庫で冷やしたものを使うのがポイントです。

 

2. グレープフルーツジュースは生で絞ったもので作ると一層楽しめます。

(ピンクグレープフルーツジュースでアレンジするのもありです。)

 

3. 味わいの好みによって、各材料の分量を調整しましょう。

(お酒が弱い方ならグレープフルーツジュースの量を増やし調整します)

 

 

 

【テキーラサンストロークからのバリエーション】

・グレープフルーツジュースを無くすと「フレンチカクタス」という名のカクテルに!

・グレープフルーツジュースをライムジュースに変えると「マルガリータ」に!

・元のレシピにグレナデンシロップを加えると「アイスブレーカー」に!

 

・テキーラをウォッカに変えて作ると「フィーバー」という名のカクテルに!

・テキーラをジンに変えて作ると「メインブレイス」という名のカクテルに!

 

 

 

最後に

 

テキーラサンライズとテキーラサンセットは広く知られていますが、

テキーラサンストロークはカクテルの本にも載らないくらい、

あまり知られていないカクテルのためBARでも注文される機会は多くありません。

 

ただカクテル自体シンプルなレシピなのでカクテル作りに一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか♪

 

 

今回はカクテルのテキーラサンストロークをご紹介いたしました。

それでは、また。

 

 

 

2015年5月11日 12:00 カテゴリー: カクテル

2015.05.09

ジンリッキー -カクテルレシピのノウハウ-

 

 

 

皆さん、こんにちは。

4MIX COCKTAILです。

 

 

今回は、「ジンリッキー」のカクテルレシピをご紹介します。

 

このカクテルは、3つの材料で素人でも簡単に作れるカクテルです。

ライムを絞り、ジンにソーダ(炭酸水)で満たしていけば作ることができます。

 

ジンリッキーはカクテルの味わいとして、

ライムの酸味とソーダ(炭酸水)の爽快さでさっぱりとした辛口タイプのカクテルです。

またジンリッキーのアルコール度数は約12~14度くらいとなります。

 

 

 

ジンベースのジンリッキー (Gin  Rickey)

 

このカクテルは、ジンベースとなっています。

 

ジンをソーダ(炭酸水)で割るシンプルなカクテルですが、このカクテルの決め手は・・・

「フレッシュライム」です。

 

ジンリッキーはジントニックのレシピに似ていますが、

決定的な違いを挙げるとすれば、ライムの大きさです。

 

ジントニックのライムカットは1/8カットの大きさですが、

ジンリッキーはライム半分の1/2カットです。

 

 

photo by: iskws

 

 

 ジンリッキーのカクテル名の由来とは?

 

アメリカの米軍将校「ジョー・リッキー」という男性が好んで飲んでいたことから、

その名前にちなんで命名された説があります。

しかし、広く知られている名前の由来としては以下の説です。

 

ジンリッキーが誕生したのは19世紀末、アメリカのワシントンDCにある「シューメーカー」というレストランで創作され生まれました。

そのとき初めてこのカクテルを飲んだ「カーネル・ジム・リッキー(Colonel Jim Rickey)」にちなんで名付けられた説が広がっています。

 

ちなみにジンリッキーの別名は「ザ・リッキー」と呼びます。

 

 

 

 

 ジンリッキーの作り方について

 

ジンリッキーはライムを半分の1/2個をグラスの底に入れて、

マドラーでつぶしながら楽しむ飲み方です。

ライムをマドラーでつぶすことでグラスの中で酸味を調整しながら味わいます。

 

使用するグラスは口の広いタンブラーグラスで作ります。

コリンズグラスのように口の狭いグラスではライムの大きさを1/4個にカットしないといけません。

 

 

 

 

【用意するもの】

  • ジン (代表的な銘柄はビフィーター)
  • ソーダ(炭酸水)
  • フレッシュライム
  • タンブラーグラス  (もしくはゾンビグラス)
  • バースプーン (無ければスプーンで代用)
  • メジャーカップ (無くてもOK)
  • マドラー (潰し用)

 

 

 

 

 

【作り方のレシピ】

材料を、グラスに直接入れて作ります。(ビルドという作り方)

 

 

  1. グラスにライム1/2個を軽く絞り、グラスに落とします。
  2. 次にジンを45ml入れて、ステアします。
  3. グラスに氷を入れます。
  4. 冷やしたソーダ(炭酸水)で満たします。
  5. もう1度バースプーンでグラスの底から持ち上げるように軽く混ぜます。
  6. マドラーを添えて出来上がり。

 

 

 

※ ジンリッキーの作り方はお店によって様々です。

 

※ライムの大きさはグラスのサイズによってカットして下さい。

本来は1/2カットですが、少し絞りづらいので1/4カットでも大丈夫です。

1/8カットのライムではつぶしながら酸味を楽しめないので注意してください。

 

 

 

さらに美味しく楽しむ方法!

 

1. ジンは予め冷蔵庫や冷凍庫で冷やしたものを使うのがポイントです。

(あえて常温のジンで作る場合もあります)

 

2. ソーダ(炭酸水)も予め冷やしておきます。

 

3.ジンの銘柄を使い分けることで自分好みの味わいを見つけます。

(ビーフィーター、ゴードン、タンカレー、ボンベイサファイア)

 

4.ライムの1/2カットが絞りづらいなら、最後にライムの絞り汁を入れて調整して下さい。

 

 

 

 

 

【ジンリッキーからのバリエーション】

ジンリッキーの名前に付く「リッキー」とは、

スピリッツ(蒸留酒)にライム(またはレモン)を絞り炭酸水で満たして作るカクテルスタイルの1つです。

 

・スピリッツのジンをウォッカに変えて作ると「ウォッカリッキー」というカクテルに!

・スピリッツのジンをラムに変えて作ると「ラムリッキー」という名のカクテルに!

 

 

 

 

 

最後に

 

マドラーを添えて提供されるのがジンリッキーです。

マドラーを活用するのはあくまでライムをつぶして楽しむために添えてあります。

飾り用に添えてあるわけではありませんので注意して下さい。

 

ライムをつぶす際も、激しくマドラーを強く押し付けたりしないでください。

ライムの皮からえぐみが出たり、ソーダ(炭酸水)の気が抜けないようにしましょう。

 

 

ジンリッキーはシンプルなカクテルですが、

作り方の技術や材料の選び方しだいでは奥深いカクテルとなります。

今回はそんなカクテルの「ジンリッキー」をご紹介いたしました。

 

 

それでは、また。

 

 

 

2015年5月9日 14:20 カテゴリー: カクテル

2015.05.06

ブラックルシアン -カクテルレシピのノウハウ-

 

 

皆さん、こんにちは。

4MIX COCKTAILです。

 

 

今回は、「ブラックルシアン」のカクテルレシピをご紹介します。

 

このカクテルは、ウォッカとコーヒーリキュールを揃えれば簡単に作れます。

また使用する2種類のお酒はBARでも欠かせないスピリッツとリキュールですので、

カクテル作りを覚えようとしている方は揃えておくとよいお酒です。

 

ブラックルシアンのカクテルは、甘味を感じる芳しいコーヒーリキュールが大人な味わいで

使用するウォッカで違いますがアルコール度数は約32度前後くらいでやや強めとなります。

 

 

 

 

 

ウォッカベースのブラックルシアン (Black russian)

 

このカクテルは、ウォッカベースとなっています。

基本的なレシピは非常にシンプルで、ウォッカとコーヒーリキュールのみで作ります。

 

ブラックルシアンは他のカクテルに応用が効くため、バリエーションの多いカクテルです。

 

元々、お食事の後に楽しむカクテルとして考案されましたので

食後の場面や、デザート代わりの甘口カクテルとして飲まれてはいかがでしょうか。

 

 

 

 ブラックルシアンのカクテル名の由来とは?

 

このカクテルが生まれた背景は1950年ごろベルギーのブリュッセルで生まれました。

メトロポール・ホテルのとあるチーフバーテンダーが創作したとされるオリジナルカクテルです。

 

そのチーフバーテンダーとは「ギュスターヴ・トップス氏」です。

 

ある日の夕食後、

ホテルの顧客でもあったルクセンブルグ駐アメリカ大使のパール・メスタ女史が、

「何か新しい食後のカクテルを」とリクエストしたことで

即興でつくり提供したのがブラックルシアンの誕生した始まりだそうです。

 

 

材料の組み合わせはコーヒーリキュールとウォッカですが、

コーヒーの色またはカクテルの色がブラックで、

ウォッカの本場であるロシア産のウォッカを使ったことから

「ブラックルシアン」と名前が付けられたのが由来とされます。

 

赤いロシアに対してブラック、

つまり黒いロシアと名付けた説もあるようですが定かではありません。

 

 

 

 ブラックルシアンの作り方について

 

ブラックルシアンの作り方は非常に簡単で、お気軽につくれるカクテルです。

しかしシンプルなレシピではありますが、銘柄の組み合わせ次第でいろいろ楽しめます。

 

ウォッカはスミノフ、ストリチナヤ、アブソルートウォッカなど

コーヒーリキュールはカルーア、エクリッセ、ティアマリアなど

 

 

 

 

【用意するもの】

  • ウォッカ
  • コーヒーリキュール (代表銘柄はカルーア)
  • オールドファッションドグラス (ロックグラスとも呼ぶ)
  • メジャーカップ
  • バースプーン (無ければマドラーで代用)

 

 

 

 

 

【作り方のレシピ】

材料を、グラスに直接入れて作ります。(ビルドという作り方)

 

 

  1. オールドファッションドグラスに大きめサイズの氷を入れる。
  2. 次にコーヒリキュール20ml、ウォッカ40mlをグラスに入れます。
  3. バースプーンまたは、マドラーでステアし混ざったら出来上がり。

 

 

※グラスのサイズによって分量は調整してください。

 

 

 

さらに美味しく楽しむ方法!

 

1. 氷は大きめのタイプをグラスに入れ、溶けにくい純氷を使うのがポイントです。

 

2. コーヒーリキュールを基本的に使いますが、エスプレッソリキュールを使用すると

大人の味わい深さを楽しめます。

 

3. 味わいの好みによって、各材料の分量を調整しましょう。

(飲みやすくするなら少しアレンジして分量を調整します)

 

 

 

 

【ブラックルシアンからのバリエーション】

・ウォッカをテキーラに変えて作ると「ブレイブブル」という名のカクテルに!

 

・ウォッカをブランデーに変えて作ると「ダーティーマザー」という名のカクテルに!

 

・追加で生クリームをフロートさせると「ホワイトルシアン」という名のカクテルに!

 

・コーヒーリキュールをアマレットに変えると「ゴットマザー」という名のカクテルに!

 

・コーヒーリキュールをクレームドカカオ(ブラウン)に変えてジンを加えて作ると

 「ルシアン」という名のカクテルに!

 

 

 

 

 

 

 

最後に

 

ブラックルシアンのウォッカを焼酎で割っても美味しくいただけます。

また、コーヒーリキュールではなくエスプレッソリキュールを使うことで

アルコール版の大人なアイスコーヒとして楽しまれてはいかがでしょうか。

 

お酒だけを材料にしたレシピのブラックルシアンはアルコール度数は高めですが、

お酒が強くない方でしたらコーヒーリキュールをアイスコーヒーにすると

アルコール度数も低くなりますので、お楽しみいただけます。

 

本格的に楽しむ上級者向けとして、コーヒ豆やシナモン、クローブをウォッカに浸け込んだ自家製ウォッカでつくるオリジナルのブラックルシアンをお試しください♪

 

 

 

 

今回はカクテルのブラックルシアンをご紹介いたしました。

それでは、また。

 

 

2015年5月6日 16:15 カテゴリー: カクテル

2015.05.05

カシスリキュールで作るカクテルレシピの覚え方

 

 

皆さん、こんにちは。

4MIX COCKTAILです。

 

 

カクテルを提供するBARでは必ずと言っていい程、カシスリキュールは置いてあります。

カシスオレンジやカシスソーダといったカシス系のカクテルは女性にも人気です。

 

使用されるカシスリキュールのメーカーはお店によってそれぞれで、

プロのバーテンダーでも支持されるカシスリキュールのメーカーがある程、

カシスの味わいに違いがあります。

 

同じカシスリキュールでもメーカによって味わいが違いますので、

これからカクテル作りを始めたいと思っている方はいろいろ試してみて下さいね。

 

 

さて本日は、カシスリキュールで作るカクテルレシピの覚え方をご紹介します。

初心者でも作れる簡単なレシピから、カクテルを覚えていきましょう♪

 

 

 

 

カシスリキュールを使ったレシピを簡単な公式で覚える!

 

カクテルには、レシピの中身が近い親戚・兄弟ともいうべきカクテルがあります。

つまり、お酒のベースやジュースを変えただけで名前の違うカクテルになるレシピです。

 

以下でご紹介するカクテルは、カシスリキュールで作れるカクテルレシピの公式です。

割るジュースやお酒のベースを変えただけで、違うカクテルになります。

 

 

 

 

【カクテルレシピの覚え方】

 

カシスリキュール + ジュース類 (清涼飲料水)
 

※この公式を覚えておきましょう♪

 

casisscocktail

 

 

 

 

カシス系カクテルのレシピを覚えるには簡単ですね♪

 

・カシスオレンジ (カシスリキュール+オレンジジュース)

・カシスグレープフルーツ (カシスリキュール+グレープフルーツジュース)

・カシスウーロン (カシスリキュール+ウーロン茶)

・カシスジンジャー (カシスリキュール+ジンジャエール)

・カシスソーダ (カシスリキュール+ソーダ ※炭酸水)

・カシスミルク (カシスリキュール+ミルク ※牛乳)

 

 

 

 

 

カシスリキュールをジュースや清涼飲料水だけで割ると大体が

「カシス〇〇〇」というように、

そのソフトドリンクで割った飲み物がカクテルの名前に付きます。

 

また、カシスリキュールは何にでも合わせやすいお酒です。

パイナップルジュースやアイスティー等とも相性が抜群に良いのでお試しあれ♪

 

 

 

 

カシスリキュールに他のお酒で割るとできるカクテル

 

ではその他に、カシスのリキュールを使って作るカクテルには何があるのでしょうか?

割るお酒(アルコール)さえ知っておけばレシピを覚えるのに苦労しません。

 

 

 

【カクテルレシピの覚え方】

 

カシスリキュール + お酒 (アルコール)
※この公式を覚えておきましょう♪

 

casissrecipe

 

 

 

 

 

では早速、カシスリキュールに1種類のお酒を組み合わせていくと・・・

 

 

 

 

■シャンパンで作ると、「キールロワイヤル」というカクテルに

 

シャンパン (またはスパークリングワイン) + カシスリキュール

 

 

 

 

■白ワインで作ると、「キール」というカクテルに 

 

白ワイン + カシスリキュール

 

 

 

 

■赤ワインで作ると、「カーディナル」というカクテルに

 

赤ワイン + カシスリキュール

 

 

 

 

 

■ビールで作ると、「カシスビア」というカクテルに

 

ビール + カシスリキュール

 

 

 

 

 

カシスソーダのレシピから派生するカクテル

 

カシスソーダのレシピをベースにして、ある材料を加えるだけで違うカクテルになります。

下記は、カシスソーダからの派生カクテルです。

 

 

 

【カシスソーダからのカクテルレシピ覚え方】

 

カシスリキュール + 炭酸水(ソーダ)

 

 

 

 

このレシピにひとつだけお酒を付け加えると・・・

 

 

 

 

■カシスソーダのレシピに紹興酒を加えると「チャイナカシス」というカクテルに

 

紹興酒 + カシスリキュール + 炭酸水(ソーダ)

 

 

 

 

■カシスソーダのレシピにドライベルモットを加えると「ベルモットカシス」に

 

ドライベルモット + カシスリキュール + 炭酸水(ソーダ)

 

 

※炭酸水(ソーダ)をトニックウォーターに変えれば「ルビーカシス」というカクテルに

 

 

 

 

 

 最後に

 

いかがでしょうか?

 

カシスリキュールで作るカクテルに限らずレシピを覚えていくコツは、

親戚や兄弟といったようなカクテルレシピに共通する部分から覚えるのも1つの覚え方です。

 

カシスリキュールを使ったカクテルは、

飲食店のドリンクメニューに外すことのできないアルコールです。

家飲みでカクテルをつくるときも、カシスが1本あれば間違いありません♪

 

 

今回ご紹介したカシス系のカクテルはマドラーかバースプーンがあれば、

特に本格的なカクテル道具が揃ってなくても作ることができますので、

「カシス〇〇〇」という、レシピを覚えるのに非常に簡単なカクテルを、

作りながら覚えてみて下さい。

 

 

 

それでは、また。

 

今後とも、4MIX COCKTAILをどうぞよろしくお願い致します。

 

 

 

2015年5月5日 15:00 カテゴリー: BAR講座

2015.05.03

ピカドール -カクテルレシピのノウハウ-

 

 

皆さん、こんにちは。

4MIX COCKTAILです。

 

 

今回は、「ピカドール」のカクテルレシピをご紹介します。

 

このカクテルは、テキーラとコーヒーリキュールのお酒を揃えれば簡単に作れます。

また使用する2種類のお酒はBARでも欠かせないスピリッツとリキュールです。

カクテル作りを覚えようとしている方は特に揃えておくとよいお酒です。

 

ピカドールカクテルの味わいは、芳しいコーヒーリキュールのお酒が甘口となりますが

お酒のみで作るカクテルのためアルコールは高めです。

 

 

 

 

 

 

テキーラベースのピカドール (Picador)

 

このカクテルは、テキーラベースとなっています。

 

使う材料はテキーラとコーヒーリキュールのみで作るため、

レシピは非常にシンプルな構成です。

その分、使用するテキーラやコーヒーリキュールの銘柄をどれにするかによって、

組み合わせ次第では同じピカドールでも異なるカクテルの味わいが楽しめます。

 

 

ピカドールの材料はテキーラとコーヒーリキュールですが、

これは「ブレイブブル」というカクテルと同じレシピの材料です。

同じ材料を使っているのにカクテル名が違うのは、作り方が違うからです。

 

 

ブレイブブル = ビルド(グラスで直接作ること)で作り、ロックグラスに注ぎます。

 

ピカドール = ミキシンググラスでステアして作り、カクテルグラスに注ぎます。

 

 

 

 

 ピカドールのカクテル名の由来とは?

 

ピカドールの意味は、馬に乗って闘牛を長い槍で刺す「闘牛士」のことです。

 

闘牛士といえば同じような意味合いで、ピカドールと近い関係にあるカクテルがあります。

それはマタドールと言うカクテルで、これも「闘牛士」という意味があります。

 

また同じ材料を使うブレイブブルというカクテルも「勇敢な雄牛」という意味があり、

「牛」つながりで関係しています。

 

 

 

 

 

ピカドールの作り方について

 

ピカドールの作り方はお酒のみの材料で簡単につくれるカクテルです。

しかし、カクテル道具のひとつであるミキシンググラスを使って仕上げます。

 

 

 

 

【用意するもの】

  • テキーラ (無色透明のホワイト)
  • コーヒーリキュール (代表銘柄はカルーア)
  • レモン (レモンピール)
  • カクテルグラス
  • ミキシンググラス(ストレーナーとセットで)
  • メジャーカップ
  • バースプーン (無ければマドラーで代用)

 

 

 

 

 

【作り方のレシピ】

材料を、ミキシンググラスに入れて作ります。(ステアという作り方)

 

 

  1. ミキシンググラスに隙間ができないように大きめサイズの氷を入れる。
  2. 次にテキーラ40ml、コーヒリキュール20mlをグラスに入れます。
  3. バースプーンで素早くステアし混ぜたら、
  4. ミキシンググラスにストレーナーを被せて、カクテルグラスに注ぎます。
  5. 最後にレモンピールをグラスの斜め上から絞りかけて出来上がり。

 

 

※グラスのサイズによって分量は調整してください。

 

 

 

 

さらに美味しく楽しむ方法!

 

1. レシピをアレンジして、コーヒーリキュールをエスプレッソリキュールに変えると味わい深さを楽しめます。

 

2.テキーラやカクテルグラスは事前に冷やします。 ※カクテルグラスは氷を2~3個入れて冷やします。

 

3. 味わいの好みによって、各材料の分量を調整しましょう。

(甘さを強くするならテキーラの量を減らしコーヒリキュールを増やします)

 

 

 

 

【ピカドールからのバリエーション】

・テキーラをウォッカに変えて作ると「ブラックルシアン」という名のカクテルに!

 

・テキーラをブランデーに変えて作ると「ダーティ・マザー」という名のカクテルに!

 

 

 

 

 

 

最後に

 

使用されるコーヒーリキュールの銘柄はカルーアが主ですが、

他に「エクリッセ」「カモク」「ティアマリア」「パトロン XO カフェ」といった

コーヒーリキュールなどでも味わいの変化がそれぞれ楽しめます。

 

カクテルのタイプ的に、食後でコーヒやエスプレッソを味わうようなカクテルとして楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

 

 

今回はカクテルのピカドールをご紹介いたしました。

それでは、また。

 

 

2015年5月3日 12:00 カテゴリー: カクテル

  SPONSORED LINK

アーカイブ